WEB業界未経験でも就職、転職時に「こいつデキル・・・」と思われるスキル3選

どうも! 常に5つ以上の案件を掛け持ちしてわちゃわちゃしております、WEBディレクター・WEBデザイナーのやったんです。
みなさん夏季休暇とりましたか? 僕は、ようやく今頃とれました。。。

うちの会社は、WEB業界でも珍しいとされる、定時で帰れるホワイトな会社なのですが、8月中に案件の納品が重なってしまって、俺の夏を返してくれ! と言いたいですよ、ホント。

さて、本日のエントリーは、「WEB業界未経験でも就職、転職時に「こいつデキル・・・」と思われるスキル3選」です。

未経験での就職・転職の方へは、僕はなんども基本をまずはマスターしておきましょう!
とお伝えしています。
今回は、それとも違って、「えっ、お前、未経験でこんなスキル持ってんの!? マジか・・・」と面接担当者がうなるスキルを3つ独断と偏見でご紹介します。

【完全無料】毎週火・木開催。WEB業界未経験OK! 転職個別相談会!

1.UXデザイン、HCDデザイン

UXとは、ユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略です。 Experienceとは「体験、経験」を意味し、UXとは「ユーザーが製品・サービスを通じて得られる体験」を指します。 というようなサービスの質に関わる部分も「UX」です。
ferretさんより引用

みなさんが勉強しているWEBデザインとは、いわゆるUI(User Interface)デザインとも言われていて、どういった見た目にするかをデザインすることですね。

それと変わって、UXとは、WEBを通じてユーザー=利用者にどんな感情や思考を持ってもらい、その上でこちらが望む行動を起こしてもらうようにデザインすることのことを言います。

HCDデザイン(Human Centered Design)という、人間中心設計と言われることとも近く、使う人を徹底的に掘り下げていく手法です。

2.JavaScriptフレームワーク

今のWEBデザインでは、ただ止まっているサイトというのは、少なくなりました。何かしらの動きがあり、動画はわかりやすいですが、ユーザーの動作に合わせてサイトが反応する上でのプログラミングというものを行うのが、JavaScriptです

その中でもフレームワークという、一言でいえば道具箱のようなものがあり、やっぱり現場のコーダーやフロントエンドエンジニアさんは、このような自分が使いやすいフレームワークをいくつかもっているものです。

◆AngularJS
◆Backbone.js
◆Ember.js
◆Vue.js
◆Knockout.js
◆React
◆Riot.js
◆Aurelia.js

(各フレームワークの詳細はこちらから)

3.統計学・機械学習系分析

今WEB業界に限らず、どの業界も課題として取り組んでいるのが、「ビッグデータ」を自社のマーケティングに活用するというテーマです。
WEB業界では、GoogleAnalyticsやAdobeAnalyticsなどのアクセスデータ解析が今までは主流でしたが、今はそのツール自体も進化してきていて、WEBのアクセスデータと企業が持っている顧客データを紐付けることで、ユーザー行動をオンラインからオフラインまで一括して把握してマーケティング活動をサポートしていくことを行っています。

その中で、大量のデータを取り扱っていくスキルとして「統計学・機械学習系分析」がたびたび話題になって今注目されています

詳しくは、他の方のブログに譲りますが、WEBマーケティングやWEBアナリスト、データマイニング等を目指す人は持っていると、確実に驚かれます。

以上、3つのスキルをご紹介いたしました。
どのスキルも、現役のWEBクリエイターが今必死に勉強して取り組んでいるスキルです。
WEB業界未経験のみなさんが就職・転職の際に、「いや、僕(私)持っているんですよ!」といえると「マジか! すげーな!」となること間違いなしです。

ちょっと(いや、だいぶ)ハードル高いですが、基本がマスターできてさらにスキルアップという方は、参考にしてみてくださいね。

それでは!

【完全無料】毎週火・木開催。WEB業界未経験OK! 転職個別相談会!


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク