新卒でWEB業界を目指す君へ 業界のパイセンからの大きなお世話な話


どうも、今日もWEB業界の真ん中で日々頑張っております、WEBディレクター・WEBデザイナーのやったんです。
今日は、新卒の皆さん向けに書いていきたいと思います。

WEB業界って今や新卒の皆さんにはそれなりに人気な業界だと思うんですよね。手前味噌な話ですけど。サイバーさん(サイバーエージェント)なんか、入社式が「どこのパーティーピーポだよ!」なんてキラキラした女性たちとエグザイル的なワイルドでかっこいい男性がウェーイしている画像とかが流れてたりしてますよね。(うらやましい)

さて、そんなWEB業界をこれから目指すぞ! という大学生・高校生の皆さんへ「WEB業界の現場からお届けするリアルでちょっとためになる話」をご紹介していきたいと思います。

【完全無料】毎週火・木開催。WEB業界未経験OK! 転職個別相談会!

会社で選ぶか仕事で選ぶかどっち

「打ち上げ花火下から見るか、横から見るか」ではないですけど、ひとくくりにWEB業界って言いますけど、とにかくそれはそれは広いです。僕が新卒の時と比べると数百倍ですよ。
なので、何で選ぶかって大事だと思うんですね。僕は2つあるかと思っています。

まず一つは、会社で選ぶということ。


会社で選ぶ=規模や場所、知名度、風土

たとえば、渋谷や恵比寿にある会社で働きたい、できれば誰でも知っているような大きな会社が良いとか。代表的な会社っていうと、「Yahoo!」とか「サイバーエージェント」や「GMO」とかがあるかなと思います。

大きい会社っていうのは、とにかく部署も多いしやっている仕事の範囲もすごく多いし広い。
WEB業界に入りたいけど、具体的にどんな仕事をしていくのかは入ってから考えたいという人には向いているかなと思う。

あとは、会社の風土というのがそれぞれの企業にはあるので、それも意外に重要。あくまで個人的なイメージとしては、GMOはエリートで頭が良い人が多いイメージ。サイバーエージェントは、体育会系というか元気がある人が多いイメージ。Yahoo!は、個性があって新しいことが好きな人が多いイメージ。もちろん部署によっても全然雰囲気や人のタイプがばらばらなので、一概には言えないけど傾向はあるのかなと思ってます。

仕事で選ぶ=スキル、ビジネス、サービス領域


このタイプの人は、会社の規模よりもむしろ何をするのか、何が学べるのかで会社を選ぶタイプ。
サービスアプリを作りたい、デジタルマーケティングを身につけたい、事業を作りたい、そのためにチャンスがあるかないか。ベンチャー思考型かなと思う。

ベンチャーは、とにかく一人が受け持つ仕事の領域や責任が高い。それだけに成長するスピードも早いから年齢関係なく勝負したい人向きです。
会社の人間関係も近く、カリスマ的な社長ががんがん引っ張っていくのを隣で見ながらその渦の中で熱狂して仕事していくスタイルのところも多いので、新しいものを作っていくその過程や社会にインパクトを残していきたい人はオススメ。

ちょっと話の角度を変えての話ですが、キャリアについてアメリカとかでは、よく「スーパーマン型」「バットマン型」とその人のキャリア感を例えて言うことがあるみたいです。

スーパーマンは、とにかくどんなことでもできて、万人に受ける仕事をしていく人。
バットマンは、万人に受けなくても自分が納得して、一つのことを極めていこうとしている人。

自分がどちらのタイプかを見据えた上で、どの会社を選ぶのかを考えて見てほしいかなと思います。
新卒のタイミングは、今はインターンシップなど実際に企業で働いて事前に体験することができるので、どんどん興味のある会社に行ってみて自分がどんな会社、どんな仕事をしたいのかのイメージを固めていってほしいと思います。

【完全無料】毎週火・木開催。WEB業界未経験OK! 転職個別相談会!


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク