WEBデザイナーのお仕事とは? 未経験から転職するために知っておくべき5つこと

今回は、WEBデザイナーの仕事について改めて見ていければと思います。WEBデザイナーと一口にいっても会社や作っているもの、経験によっても非常に範囲が広い職種だなと思います。今回は、その仕事の内容だけでなく、スキルや、ステップアップなどいろんな角度からWEBデザイーを掘り下げてみたいと思います。

【完全無料】毎週火・木開催。WEB業界未経験OK! 転職個別相談会!

WEBデザイナーってどんな人?【未経験・転職向け】

WEB デザイナーとは、一言でいえば「ホームページ をデザインする人」です。例えばそれは化粧品だっ たり、飲み物であったり、時計であったり、会社であっ たりとしますが、色やレイアウトを気にしたりしな がら見やすいホームページを作ることが仕事です。 そして大抵は、チームで仕事をすることが多いです。
ここ数年では、アプリのデザインもその担当範囲になってきているので、アプリをデザインすることも含めてUIデザイナーや、制作だけでなくもっと広い範囲の利用する人の行動や感情まで考えてトータルでデザインするUXデザイナーという職種もあって、その範囲はますます広く活躍の場所も多くなってきています。

1.WEBデザイナーの仕事の範囲 【未経験・転職向け】

WEBデザイナーの具体的な仕事の流れについて見ていきたいと思います。WEBデザイナーが一つのホームページを作る前にはいろいろなステップがあります。

ヒアリング

お客様の要望をしっかりと聞くことです。非常に大事なステップです。お客様は、自分の考えを全て伝えない場合もありますし、言葉にうまくできない場合もあります。さらには、言葉の裏にある本当の思いや課題をしっかりとすくい取っていく。「本質的な課題や目的は何か?」優秀なデザイナーほど、そこの点を逃さず掴み取っていくのがうまいです。

要件定義

お客様の要望を具体的な紙に落とし込む作業です。デザイナーだけでなく、ディレクターやコーダー、プログラマーなどがチームとなって「最終的に何を作るのか? どうやって作るのか?」ということを決めてお客様に提示します。ページ数は、どれぐらいか。最初の画面は、動画にするのか静止画にするのか等々。

設計

デザインを作る前にパワーポイント等を使って、サイトやアプリの設計図というものを作ります。場合によっては、ディレクターが担当する場合もあります。画像やテキスト、ボタンの位置をどこにおくのか、そんなサイトの枠組みを作ることで全体像を確認していきます。ワイヤーフレームやサイト構成案と言われます。
設計がサイトの成功と失敗を左右するという人もいるぐらい重要な箇所です。「どんな情報を、どういった順番で、どのぐらいのサイズや回数見せていくのか」と言ったことを理論も含めながら決めていきます。

デザイン

ビジュアルデザインを作っていきます。Photoshop等を使って画像を加工したり、イラストを配置したり、ボタンを綺麗に作ったりと最もWEBデザイナー的な制作のステップです。
色彩、レイアウト、テキスト(タイポグラフィ)、黄金比・白銀比等々デザイナーの腕の見せ所でもあります。

コーディング

HTMLを使ってビジュアルデザインをサイトにしていくステップです。ここからコーダーへバトンタッチするパターンも多いです。もちろんWEBデザイナーがそのままコーディングまで行う場合も多いですね。大体半々ぐらいかなと思います。

js実装

動画を実装したり、画像を動かしたり、スクロールに合わせて表現を変えたり等々、サイトに動きを入れていく制作ステップです。最近は動きを取り入れたサイトも多く、この辺りもWEBデザイナーとして担当することもあります。
専門職としては、フロントエンドエンジニアという職種があり、サイトがひゅんひゅん動いたりするようなことをjavascriptという言語を使って実装していきます。

2.WEBデザイナーのスキル【未経験・転職向け】


WEBデザイナーとして必要なスキルは、多岐にわたるんですけど、一覧してみるとこんな感じかなと思います。

ヒアリング能力・コミュニケーション能力

お客様の「本質的な課題」を発見して、パートナーとして仕事を進めていけるスキル。

情報設計・体験設計(UI/UX)

ただ綺麗なサイトを作るということではなく、お客様の目的を実現するために何が必要なのか? それを利用者側の目線を持って、情報をまとめるスキル。

ビジュアルデザイン

最高なデザイナは、利用者の目的を叶えるデザイン。ただ綺麗なだけではなく、デザインに意味があり、使っていることが気持ちの良い体験ができるデザインが作れるデザイナーが最高と言われる。

コーディング(CSS)

デザイナーのコーディング力については、最低限サイトが組めるレベルまでは必須。それ以上の必要性は会社によってまちまち。理論的なデザイナーは、コーディングが好きな傾向も。

動的スクリプト実装(Javascript/jQuery)

動きを作るスキル。ここまでできるWEBデザイナーは、かなり強い。ただ、守備範囲が広すぎて一人に負担がかかるので、どこまでマスターするかは要検討。将来的にフリーや独立を目指すならば身につけておいて損はない。

3.WEBデザイナーのお給料【未経験・転職向け】


続いて、大事ですよね。WEBデザイナーのお給料面を見ていきたいと思います。この辺りは、ほんと会社や業界によってもバラバラなのであくまで参考として見てもらえれば。

アシスタント 【給与:260〜350万】

この辺りは、派遣や契約という会社も多いので。月給25万円・ボーナス無しぐらいのラインが平均かなと思います。

新米デザイナー(3年目程度)【給与:300〜400万】

新米デザイナーの当面の目標(あくまでお金のみ)としては、月給30万・ボーナス有りをもらえるようになれば1人前ではないでしょうか。

デザイナー(10年目まで)【給与:350〜700万】

このあたりは、ピンキリです。会社によって本当に違うし。担当範囲によっても変わりますし。作っているデザインでも異なります。500万円を超えてくるとチーフやリーダーと言ったポジションになるのかなと思います。

アートディレクター・トップクリエイター【給与:500〜1,000万超】

デザインを統括する人です。デザイナーのトップオブトップです。フリーランスのデザイナーさんもよくアートディレクターと名乗るケースも多いです。広告代理店では、クリエイティブディレクターと呼ばれたりもします。あえて一般企業で例えれば、課長や部長クラスということでしょうか。

経営者【給与:欲しいだけ】

これは、おまけですね。稼いだだけお給料とってください。でもよく聞くのは、1,000万円ぐらいかなと思います。やっぱり従業員もいたりすれば、その辺りが適正なんでしょうか。

4.WEBデザイナーの就職先【未経験・転職向け】


デザイナー派遣会社

デザイナーやクリエイター派遣です。WEBやIT専業の派遣会社や大手派遣会社のWEB派遣事業部というものもあったりします。とにかく数が多いです。未経験でも経験が詰めて入りやすい求人も多くあったりするので、まずは登録! ということでも良いかと思います。

制作会社

未経験でのWEB業界への転職先として一番最初に上がるのが制作会社だと思います。世の中にかなりの数の制作会社があります。それこそ2,3名でやっているような会社もあれば、数百人・数千人いる制作会社もあります。(数千人規模の会社は、制作会社とは言えないですが)

WEB系事業会社(中堅・大手)

この辺りは、WEBやIT業界を代表するような会社がありますね。サイバーエージェントや楽天、GMO、価格ドットコム、ゲーム系であればDeNAやGREEもそうですし、サービス系であればMIxiとかもそうですね。いまや老舗といっても良い、日本のIT業界を作ってきたような企業です。
もちろんこのような会社に入れる可能性も全然あります。ただ、未経験ではハードルが高いので、まずは他の企業に入って経験とスキル上げてからのキャリアップ先として考えておくとよいかなと思います。

一般企業 WEB部門

一般企業も今やデジタルマーケティングチームが多くあって、そこではデザイナーやディレクター、データアナリストなどなどいろいろなWEBスキルを持った人材が働いています。
コクヨさんとか、インテリジェンスさん(パーソルキャリア)とか、JTBさんとか、バンダイナムコさんとか。ほぼ名前を聞いたことある会社には必ずWEB系の部門があります。
その会社が好き、その会社のサービスや商品が好き!という人には、企業内のWEB部門はオススメです。

ベンチャー

これも大小様々ですね。ほとんど小だと思いますが。ベンチャーは、とにかく採用に困っています。WEBでビジネスをやっている企業がほとんどなので、自社で制作スタッフを抱えたいと思っているので、意外にチャンスが有ります。
ただ、待遇面は最初から期待できない場合もあります。しかし、対応する範囲が広いので会社がうまく成長していけば、自分もとても大きな成長ができるのも特徴ですね。また給与もどんどん上がって行きやすいです。

フリーランス

いきなりフリーランスという道も全然ありだと思います。方法は2つあるかなと思います。1つは一つのスキルをめちゃくちゃ磨いて、まずはそのスキルで仕事を取れるようになる。2つ目は、スキルを広く身につけて、いただく仕事はなんでもやる! というスタンス。

5.WEBデザイナーの求人【未経験・転職向け】


最後は、就職するにあたってのオススメの求人情報をサイトをご紹介。未経験でも登録・応募できるところ少しだけご紹介します。この辺りは、別の投稿できちんとまとめたいと思います。

派遣系

派遣系でオススメなのは、マイナビさんです。安定の大手ということで求人数が多いですし、はじめにクリエイター専門の求人を始めたのもこの会社さんです。とにかく登録だけでもしておいて損はないです。
Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター!!

紹介系(エージェント)

WEB系もいろいろありますが、私も実際に使って良かったのが、マスメディアンです。マスコミ・WEB・ゲームと大手から中小までカバーしていますし、何より担当者の知識が豊富ということと求人企業との関係性が非常に高いです。信頼できる会社ですね。
広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン

就職・転職情報系

この辺りは、本当に沢山あってそれこそ悩むのですが、あえて言えば「Wantedly」か「Green」が良いかなと。Wantedlyは、ベンチャーから中堅・大手まで幅広くて気軽に応募できるハードルの低さが魅力です。
Greenは、制作会社系に非常に強い印象があります。小さくてもしっかりしている制作会社さんが見つかるのもこのサイトならではかなと。
Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS
IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

ハローワーク

最後は、安定のハローワークです。安定しているかは別ですが、以外にWEB求人あります。正直会社は、玉石混交ですが。でも意外な優良企業も求人出していることもあるので、タイミングをみて情報取集しても良いかと思います。

以上、「WEBデザイナーのお仕事とは? 未経験から転職するために知っておくべき5つこと」でした。

【完全無料】毎週火・木開催。WEB業界未経験OK! 転職個別相談会!


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク